2017年9月30日土曜日

CERTIFICATE

F1, Apistogramma sp. pacman
A. sp. パックマン(sp. D12)のF1

F1, Apistogramma sp. pacman
レンズにゴミがくっ付いているのかなぁ~~~

F1, Apistogramma sp. pacman
何故か写真にノイズが発生してしまう・・・。

Apistogramma Breeding contest 2016
エビを撮ってみても・・・。

Apistogramma Breeding contest 2016
オトシンを撮ってみても・・・。

はっっっ!!!!

Apistogramma Breeding contest 2016
だ、誰だ水槽の前にこんなモノを置いたヤツは!?

Apistogramma Breeding contest 2016
・・・・・・。

す・・・、すみませんm(__)m

アレから一年が経ち、ようやく完成したとの連絡を受けたので蝶ネクタイにタキシードという出で立ちで参上し、審査委員長から直にこれを頂戴いたしました(笑)

そしてちょうど店内に居た多くの観客の方々から暖かい拍手も頂きありがとうございました!

しかも独特なオーラと輝きを放つこのプレートは、あの世界の深田氏デザイン!

F1, Apistogramma sp. pacman
もう99%諦めていたので喜びも倍増でした!

当初からそういう作戦だったのか・・・?

F1, Apistogramma sp. pacman
受賞対象のヴィエジタは既に居ませんが、確か子供たちが何処かの水槽に居るはず。

今度見つけたらこのプレートを見せてあげたいと思います!

F1, Apistogramma sp. pacman
今年のアピブリコンを楽しみにしていたそこのアナタ!

お店の引越等で今年は準備出来なかったようです。

来年の開催に期待です。

し、しかし、今年はそれに代わる事を計画しているみたいなので期待してみては?(笑)

F1, Apistogramma sp. pacman
来年計画通り開催されたら ↑ のペアを出してみたいと思います。

きっと♀もツワモノたちとそれなりに戦える大きさになっているはず。

このブログをご覧になっている方々の中にも自信のペアが居たら是非来年は参加してみてください!


あっ、服装は冗談で、ジーンズにTシャツでした・・・(^_^;)

あっ、あっ、それと観客は店員さん2名の方々でした(笑)

あっ、あっ、あっ、プレートの名前は加工修正しました・・・( *´艸`)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2017年9月25日月曜日

ヤバい奴がヤバい・・・

Apistogramma guttata
A. グッタータ

Apistogramma guttata
導入から約2年半が経とうとしていますが、最近になってかなり老化が進んでいます。

つーか、自分のミスで体調を崩させてしまったんだけど・・・(>_<)

右目の角膜にいくつかの白点があります。

今年の夏は雨が多く、エアコン管理した水槽部屋でも一時期水温が安定しない時があってその時に体調を崩してしまいました。

その時は右目全体が真っ白になってほとんど視力が無い状態に陥りましたが何とかここまで復活。

Apistogramma guttata
左目は問題ありません。

しかし尾びれが下を向き、体調はあまり芳しくありません。

Apistogramma guttata
実は昨日、給餌してから一時間後くらいに急にきりもみ状態になってしまいました。

『えぇぇぇっっっ~~~』っと、突然の事に気が動転。

水が濃くなってしまっていたか?

いやいや、この水槽は我が家で今一番安定している水槽だし、先週メンテしたばかりだから問題ないはず!

ならば・・・、あっ!

今日は栄養をつけさせようと久しぶりにイトメをあげたんだった!

もしかしてイトメが気管に詰まってしまって呼吸が出来ないのか!?

あぁ~、彼らには気管は無いよね(笑)

何かしてあげたいけど何もしてあげる事が無いので、取りあえずそのまま様子を見ることに。

しかし土管の中に入ってから横になったまま動かず・・・。

そしてライトが消灯・・・。

昨夜は彼がすごく気掛かりで何度もペンライトを持ってこの水槽を覗きに行きました。

前回見た時は土管の中で横になっていたのに今回は頭が下になって逆さまになってる・・・。

その度に『あぁ~ダメだ』『ホント申し訳ない事をしてしまった』とすごく後悔・・・。

この時点で翌日の姿が大体予想出来ていました・・・(>_<)

Apistogramma guttata
しかし今日の朝、重い気持ちで水槽を覗き込むと・・・、

何とっ!!!

いつものゴールドに輝く彼の姿があるではありませんか!!!

水槽の前で思わずガッツポーズ!!!(笑)

まだ痩せてはいないのでしっかり管理してあげればもう少し長生きするはず!

心を入れ替えてまたしっかりと管理してあげようと思います!





Apistogramma sp. cuiari
こちらはヤバい奴、A. sp. クイアリ

ちょっと違和感ありますよね?

Apistogramma sp. cuiari
頭の部分、分かりますか?陥没してます・・・(>_<)

違う意味でヤバくなってしまいました(^_^;)

もうかなり前になりますが・・・、適正水質を探るべく頻繁に水を変えてた時期がありました。

ある時、おでこに小さなニキビが・・・(''◇'')ゞ

時間の経過とともにニキビが大きくなり・・・、久しぶりにヤッチまったぁ~~~(>_<)

Apistogramma sp. cuiari
そして数日後、大きくなったニキビが爆発しておでこにクレーターが出来ました(笑)

時間が経ったらクレーターが埋まってくるのでは?と思っていましたが全く埋まらず。

そして現在に至ります。

ニキビが出来た場所が良かったのか、それとも慌てて薬浴などせず調子の良い水槽に移動させたのが良かったのか分かりませんが、本人はいたって元気です(笑)

彼とも長い付き合いになりそうです(笑)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2017年9月20日水曜日

空前絶後の・・・

Apistogramma sp. D25
A. sp. D25

Apistogramma sp. D25
今日本では、空前絶後の・・・・・・

『ちたないアピスト』ブームみたいです!(笑)

地味な中にも一風変わった表現だったり行動を見るとドキドキしてしまう・・・。

そうなってしまうと〇態を通り越してド〇態の領域・・・。

分かります、分かりますよぉ~、その感覚っ!

Apistogramma sp. D25
でも悲しいかな・・・、ボキはもうその流れについていけそうにありません(>_<)

ボキはまだ"ド"が付かない〇態さんだと自己認識出来ました(๑•̀ㅂ•́)و✧

そんな時は数ヶ月前に空前の入荷を果たした派手なアピストをっ!(笑)

あっ、これでも人によっては派手に見えないかもしれないけど・・・(^_^;)

Apistogramma sp. D25
子育て中だった♀水槽に♂を合流させました。

ちょっと興奮気味!?

Apistogramma sp. D25
このsp. D25は他のマクマス系にありがちな色褪せが全くありません。

むしろ産卵してからの方が体色が揚がってきています。

Apistogramma sp. D25
尾びれのツインバーが縁に沿って繋がってきました。

この種独特な色をしたお腹の攻撃斑も健在。

し、しかし・・・、頬の赤ポッチは増えず・・・(>_<)


Apistogramma sp. D28
こちらは、A. sp. D28

Apistogramma sp. D28
こちらも色褪せはしてません。

Apistogramma sp. D28
そもそもまだ子取りをしていないので産卵後は色褪せするのかどうか分かりませんが(^_^;)

Apistogramma sp. D28
産卵した途端に頬の赤ポッチが消えていくのを見るのはツライだろうなぁ~

Apistogramma sp. D28
だから産卵は、もう少し大きくなり迫力ある姿になるのを待ってからにしようと思います!(笑)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2017年9月3日日曜日

トニナ水槽を作りたくて・・・

こんばんはぁぁぁ( ´∀`)つ

久しぶりぶり~~~♪ちょうど2年ぶりの登場だよーーー( *´艸`)

さぁ2年ぶりだけど今日も今日とてアクアだよーーー!(๑•̀ㅂ•́)و✧

(*゚∀゚)=3ハフンハフン (*゚∀゚)=3ハフンハフン

・・・・・・・・・



・・・・・・・・・


と思ったけど、今日はこのまま最後まで続けられる自信が無いので通常運転にします(笑)

60cmH水草水槽
前回の記事の続き・・・。

水槽前のスペースの関係で広角レンズを使用したために奥行がかなりありそうに感じると思いますが奥行は30cmです(^_^;)

我が家には60 x 30 x 45cmの水槽が3本ありますが、先日までクレニキクラ・ノトフタルムスとヘミクロミス・リファリリィに1本ずつ使っていました。

流石にそれでは水槽スペースが勿体ないだろうと思い、リファリリィをノトフ水槽に移動して1本を空けたわけです。

ノトフ水槽は今までに無いほどの緊張感溢れる状況になっていますが(^_^;)

60cmH水草水槽
何故水槽を空けたかと言うと、我が家には水草水槽と呼べる水槽が120cmレイアウト水槽1本しかありません。

世界戦の為の水草水槽ではなく、癒し系の水草水槽が1本欲しいと以前から思っていました。

アピストをこの水槽で泳がせたいので出来ればトニナ水槽にしたいなぁ~、と。

まずは底にパワーサンドもどきを薄く敷き、その上から余っていたノーマルサイズのソイルを敷いて基礎工事を簡単に済ませました。

60cmH水草水槽
そしてヘアーグラスショートを植える事にしたのでパウダータイプのソイルをその上に敷いて、使えそうな形の流木を物置からゴソッと持ってきて、水草の植栽位置を考慮しながら配置しました。

ここですぐに水草を植栽すると過去の経験から必ず後悔することになるので、このまま一晩置いて翌日に改めて配置を決定することにします。

60cmH水草水槽
翌日、足し算、引き算、掛け算をして ↑ この配置に決めました。

そして水草を調達するためにショップをはしごし・・・。

60cmH水草水槽
そして植栽。ここからは時間との勝負です。

エアチューブで少しずつ注水しながら水草を植栽していきます。

60cmH水草水槽
植栽完了!

当初はトニナ単植にしようかと思いましたが、全面トニナだと多分メンテが出来ないだろうと判断して一部分だけトニナにしました(^_^;)

しかし独特な草体をしたトニナと他の水草がマッチするのだろうか・・・。

60cmH水草水槽
トニナ独特なグリーンと合わせるには赤い水草が良いだろう。

しかも真っ赤になる水草だったらそそれぞれの主張がぶつかり合って上手く調和するのではないかと思い、アフリカ産のネサエアを植えてみました。

久しぶりの水草主体のレイアウト水槽だったので・・・、水草の種類を欲張っちゃいました(笑)

ホントは南米産水草で統一したかったんだけど(笑)

60cmH水草水槽
植栽翌日。

下を向いていた水草を頭を上げ、早速酸素の気泡をだしている水草もあります。

ヘアーグラスが草原になり、後景草が生長したら少し見栄えが良くなるのでは?と思っています。

60cmH水草水槽
ミリオフィラム・ガイアナドワーフ。

硬度を必要とする水草なので溶けちゃうかもしれませんが、トニナと何となくマッチするような気がして導入。

ホントはポゴステモン・デカネンシスが欲しかったけど・・・。

60cmH水草水槽
トニナは右後方に少しだけ植えました。

植栽スペースは余裕を持たせているので、順調に生長して一度差し戻しして階段状に植栽出来た頃には見栄えが良くなってるのでは?と思います。

60cmH水草水槽
トニナの手前にはスターレンジ。

60cmH水草水槽
60cmH水草水槽
やっぱりトニナとスターレンジは真上から見る水草ですね!(^O^)

この水槽にどのアピストを入れようかこれから考えたいと思います!


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ