アピストグラマをもっと知りたい。気付いたら嵌っていたドワーフシクリッドの飼育記録を綴ったブログです。

2019年12月31日火曜日

続トリアピ

はいどもみなさんこんちは。

『歳を重ねるごとに涙もろくなるのは本当だったw』

SWで涙腺崩壊するのか・・・。チューバッカのあのシーンでワンチャンあるかも(笑)

・・・・・・。

ん?あれ何か違う・・・。

・・・・・・。

令和最初の大晦日を迎え皆様いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザが流行っているようなので体調を整えて新たな年をお迎えください。

・・・・・・。

ん?何かジジ臭くなってしまった(笑)

・・・・・・。

つーかよく考えたら、このブログで冒頭の挨拶なんてしたことなかったな(笑)

どーも、サーセンm(__)m

・・・・・・。

という訳で久しぶりの投稿となりましたが、前回のアップがまだ梅雨だった頃・・・。

いつの間にか夏が過ぎ、秋が終わり、真冬になっていました(^-^;

アピストの方は特に変化はなく相変わらずです。良い意味で。

なので今回も撮りアピ(笑)

Apistogramma cf. norberti
A. cf. norberti

Apistogramma cf. norberti
元祖ビッグマウス(笑)

Apistogramma cf. norberti
カカトゥオイデスグループに近いですが、ノーベルティはカカトゥオイデスグループとは別グループとして分類されています。

とはいえカカトゥオイデスグループとはとても近い種だと思います。

コーダルスポットが離れているのでカカトゥよりもこの種はユルエンに近いのかな?

ノーベルティの大きな特徴として、背鰭後半に大きく丸っぽい黒スポットが入るので簡単に判別は可能ですが、このcf.個体はそれほど大きな黒スポットは目立ちません。

更に一般的なノーベルティの尾鰭がラウンドテールなのに対して、このcf.個体はライヤーテールになるのが大きな特徴で、腹回りもスッキリしているので、口が大きい割にとても上品な種に見えます。

Apistogramma cf. norberti
顔デカっ!(笑)





F1 日本グランプリ
F1 日本グランプリ

F1 日本グランプリ
夏前に長くて重たい望遠レンズを購入し、動きの早い被写体に慣れるために空港やサーキットに通ったのは、久しぶりにF1マシンを写真に収めたかったから。

F1 日本グランプリ
そしてワイドボディになり見栄えが良くなったのと、以前ほどではないが少し音が大きくなって迫力あるエキゾーストノートが聞けるようになったこと。

F1 日本グランプリ
それとホンダの調子が上がってきたことが嬉しかったから。

F1 日本グランプリ
プロカメラマンが撮るようなスローシャッターでアートチックな写真を撮りたかったのですが、まだまだ修行が全然足りていませんでした。

F1 日本グランプリ
しかし久しぶりの聖地、鈴鹿。

残念ながらホンダの大活躍は見れませんでしたがとても気持ち良く観戦できました。


MotoGP 日本グランプリ
そして翌週に茂木で行われたMotoGPにも。

MotoGP 日本グランプリ

MotoGP 日本グランプリ
雨との戦いがあったものの無事にMotoGPも観戦できました。


今年は改元という大きな変化があり、個人的にも激動の年となりとても長く感じた一年となりました。

来年は良い意味での激動の一年になればいいな。

皆様にとっても来年が良い年になることをお祈りしてマウス。


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



2019年7月20日土曜日

トリアピ

月, 2019/07/17
撮り鉄ならぬ撮り月(笑)

1969年7月20日、アポロ11号の月着陸船イーグルが静かの海に着陸してから今日でちょうど50年。

50年も前にあそこに人間が立ったんだ~、と先日綺麗な月を見ながら感慨にふけっていました。

さてそれではいつもの撮りアピ!

Apistogramma cf. flabellicauda / Rio Negro, Colombia
A. (cf.) flabellicauda / Rio Negro, Colombia

Apistogramma cf. flabellicauda / Rio Negro, Colombia
実はこのアピスト、4月にコクーン便でコロンビア領のネグロ川産ウアウペシーとして入荷した個体でした。

Apistogramma cf. flabellicauda / Rio Negro, Colombia
それから少しずつ成長し、成長とともに尾鰭の格子柄が無くなってしまいました。

えっ!つーことは・・・、フラベリカウダ???

コクーンの中の人にシテヤラレたか!?

いやいやコクーン便に限ってそんな事は有り得ない!(笑)

しかし同じ疑問を抱えていた人がいました!

ノルウェーのTomCです。

※因みに以前ブックマークしたTomCのサイトが見れなくなった人がいらしたら、URLが変わっていますので下記URLに変更してください。
http://www.tomc.no/page.aspx?pageid=53

しかし流石はTomCです。行動が早い!オリノコ産のフラベリカウダと、今回のネグロ産のフラベリカウダをDNA解析に回したそうです。

DNA解析の結果が既に出ているのか分かりませんが、採集場所がかなり離れていることからTomCは"cf."付きでこのアピストを紹介しています。

Apistogramma cf. flabellicauda / Rio Negro, Colombia
個人的には、採集場所が離れていても外見を見る限りは同じ種だと考えています。

同じ便で入荷したコロンビアで採集されたプッツェールもそうですが、ネグロ川上流とオリノコ川上流のアピストには多くの関連性があるのかもしれないですね。

大昔、その周辺が沼や湿地帯だったのが時の経過とともに河川が形成され、それぞれの川に分かれて独自に進化していった・・・。

もちろん人類が月に降り立った50年前とかという短いスパンではなく、数千年、数万年という気の遠くなるようなスパンで環境に合わせ進化し、例えばディプロとプサモといったブラジル側とコロンビア側に分かれていった種や、この種のように比較的最近別れたと思われる種が居るのかなぁ、と考えると理解し易いと感じています。もちろんあくまで個人的な考えです。

きっと今から50年後には全ての種がキッチリと整理され、『50年前のアピスト界はそんな混沌とした状態だったのか』と話すアピストマニアが居ることでしょう。

まぁ知らんけど。それにその頃は生きて無いし(笑)

因みに、最近入荷しているイサナ産のロートも尾鰭の格子柄が無いですよね?

ウアウペシーとフラベリカウダについては近い将来詳しい調査が行われ、種の枠組みが変更されていくかもしれません。

まぁ難しい話はここまでにして、以上撮りアピでした。

続きまして~

羽田空港

羽田空港

羽田空港

羽田空港

羽田空港
撮りヒコ(笑)

からのぉ~

#19_関口 雄飛, Super Formula Rd.4 FSW Free Practice 1 - Qualyfing

#50_ルーカス・アウアー, Super Formula Rd.4 FSW Free Practice 1 - Qualyfing

#64_アレックス・パロウ, Super Formula Rd.4 FSW Free Practice 1 - Qualyfing

#15_パトリシオ・オワード, Super Formula Rd.4 FSW Free Practice 1 - Qualyfing

#18_小林 可夢偉, Super Formula Rd.4 FSW Free Practice 1 - Qualyfing

#18_小林 可夢偉, Super Formula Rd.4 FSW Free Practice 1 - Qualyfing
撮りエフ(笑)

レンズ沼という新たな沼に直面しています・・・。


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


== My Heisei memories ==

Foo Fighters - The Pretender 平成19年(2007)



2019年6月30日日曜日

ひらりひらり

Apistogramma sp. putzer
A. sp. Putzer / Upper Rio Negro, Colombia

Apistogramma sp. putzer
超極上のプッツェールがようやく某ブログで紹介されたので、やっと我が家の一寸極上個体を紹介できます(^-^;

Apistogramma sp. putzer
まだまだ成長途中ですが、各鰭がグイグイと伸びてきました。

先に各鰭が伸びて、その後で体が追いついてくるパターンなのか。

移動する度にひらひらと・・・、泳ぐ時に邪魔になったりしないのか、そもそもそんなに鰭を伸びす必要ある?と疑問に思うこともありますが、裂けたり千切れたりしないようにと願うばかりです。。。

Apistogramma sp. putzer
プッツェールはほぼ全て顎下に隈取りの赤い色素を持っていると思いますが、これだけしっかり出現するのは珍しいのでは?

これが"極上"と言われる所以?(笑)

多分採集場所による環境の違いかと思います。

Apistogramma sp. putzer
このプッツェールはブラジル便ではなく、コロンビア便にて入荷しました。

多分コロンビア便でのプッツェールは初入荷だと思います!

ネグロ川をブラジル側から遡っていくと、ネグロ川本流はやがてブラジル領を超え、コロンビアとベネズエラの国境沿いをしばらく流れ、そしてコロンビアの源流域へと向かいます。

今回のプッツェールがこのネグロ川上流のどのエリアから来たのか詳細な情報はありませんが、コロンビア領で採集されたことは確実です。

となると、時々ブラジル便で来るプッツェールはサンガブリエル近郊。そこからコロンビアとの国境までは最短でも200km以上は確実に離れています。

Apistogramma sp. putzer
大昔、この辺り一帯が平坦な湿地帯で現ブラジルとコロンビア領エリアを自由に往来出来ていた可能性はあるけど、1万年前には現在の流れが形成されていたはずで、アピストが流れに逆らって泳ぐことが出来ないことを考えると、このプッツェールが最上流域に生息するプッツェールと言えるのではないでしょうか。

Apistogramma sp. putzer
赤い隈取りは興奮すると出てきますが、それが長時間になるとやや薄くなってきます。

疲れてしまうのか、高血圧なのか・・・、この辺りのメカニズムはよく分かりません(^-^;

例に漏れずこの種もオスのみ飼育しているので子孫を残すことはしませんが、各鰭を欠損させないように飼育していきたいと思います!


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


== My Heisei memories ==

Nirvana - In Bloom 平成3年(1991)