アピストグラマをもっと知りたい。気付いたら嵌っていたドワーフシクリッドの飼育記録を綴ったブログです。

2019年1月31日木曜日

幻のアピスト

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
A. sp. D56 / sp. ouaou

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
昨年の12月中旬、突如『遂に獲ったどぉ~!』とメッセージが送られてきました。

送り主はミスター"D"。

私じゃないよ、"Dナンバー"のダニエルの"D"ね(笑)

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
何が獲れたのかと思っていたら、このアピストでした。

以前から極一部のアピストマニアにより写真が共有され、何処かに棲息しているのは知られていましたが、ほとんど見た人が居ないという全く謎のアピスト。それがA.sp.ouaou(オウアオウ)です。

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou

2012年にノルウェーのTomCが漁師からこれらの写真(著作権の関係でボカしてます)を受け取りましたが、その後携帯電話を紛失してしまい、漁師の連絡先はおろか棲息場所についても全く見当もつかない状況に陥ってしまいました。

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
アピスト研究者やTomCがコロンビアに採集旅行に行くたびにsp.ouaouが何処かに居るのでは?と探しましたがそれらしきアピストに巡り合えないまま月日が流れていきました。

そして今回、ダニエルとTomCはこの種の派生を推測し、類似したアピストの棲息地を基に三角測量を行い、多分このエリアに棲息しているであろう、と予測。

そしてその予測がドンピシャで当たった、というのが今回の流れです。

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
ただし、今までアピストマニアにより共有されていた写真の彩度がかなり強調されているので本当に写真に写っているアピストがこのアピストなのか?という疑問は残っています。

ただ私の写真にはしっかり写っていませんが、アラクリナグループに属しているにも関わらず口の両端にD50のようなチョロ髭があったり、と細かく見ていくとアノ写真のアピストとの多くの共通点を見出すことが出来ます。

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
今回はオスのみの入手になったため繁殖を狙うことは出来ませんが、今後アノ写真のような姿になっていくのかどうか楽しんでみようと思っています。

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
さて、sp.ouaou(オウアオウ)ってどういう意味か知ってますか?

"Ouaou"はギリシャ語で"Wow!"っていう意味です。

和訳したら、「ワオッ!」とか「スゲー!」ってニュアンスになると思います(笑)

Apistogramma sp. D56 / sp. ouaou
何故ギリシャ語なのかは定かではありませんが、このアピストを見て最初に発した言葉がきっと"Ouaou!"だったのでしょう。

いずれにしても、感嘆詞をそのままアピストのsp.名にした先駆けがこのsp.オウアオウかもしれません。

でもやっぱりセンスは皆無だけどね(笑)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年12月26日水曜日

400発目!

Apistogramma sp. manacacias
A. sp. manacacias

2013年から始めた当ブログ。

数えてみたら今回がちょうど400回目の更新となりました!

5年と8ヶ月掛けてようやくここまでやってきました!

そしてそして、それを記念して・・・、つ、遂に!

プレ企画・・・

Apistogramma sp. manacacias
は、もちろん行いません!!!

1000回に達したら何かやります!!!

この調子だったら15年後くらいですが・・・(^-^;

Apistogramma sp. manacacias
背びれの大事なところが欠けちゃいました(>_<)

相変わらず自分以外は誰でも敵とみなす凶暴な性格ですが、私の中で最もアピストらしいと思うこのフォルムがお気に入りです。





Characidium sp. (グリーンジェットダータテトラ)
グリーンジェットダータテトラ

Characidium sp. (グリーンジェットダータテトラ)
今年もこのグリーンジェットを掲載することが出来ました!

4年が経過し遂に5年目に突入!

Characidium sp. (グリーンジェットダータテトラ)
長生きだとは聞いていましたが、現在でも全く老いを感じさせません。

いつもは底でのほほんとしていますが、視線だけはいつも私に向いています。

そして餌の時間になると餌の投入口の周辺を大きな胸びれを使いブンブンッと水の中を飛ぶようにはしゃぎまくります(笑)

何とも可愛いヤツなんです(笑)





Dendrobates azureus
そしてアズレウス。こちらは飼育を始めて2年半が経過しました。

Dendrobates azureus
コイツもいつも私を見ていて、餌の時間になると前面のガラス扉にくっ付いて待ってます(笑)

Dendrobates azureus
飼い始めた時はよく分かりませんでしたが、ヤドクも結構長生きらしいです(^-^;

Dendrobates azureus
最近はケージ内のメンテナンスをサボっていて、一旦地中に潜った植物の根が行き場を無くし、再び地上にワラワラと出てきている状態・・・。

それでもヤドクは調子を落とすことが無さそうなので、水槽と同様、この地中でもしっかりバクテリアたちが働いているのでしょう。

ただ、メンテのタイミングが分からない・・・(^-^;





Ciklidbladet 2018/4
北欧シクリッド学会誌、Ciklid Bladet。

今年最終の第4版が発行され、今回は写真ではなく、私が実施しているアピストの撮影方法について取り上げていただきました。

日本語で書いた記事を英語に翻訳。そして現地でスウェーデン語に翻訳・・・。

伝わったかなぁ~?まぁ写真を見れば何をやってるか分かるか(笑)

そんなこんなで、今年は外国の様々な方と連絡を取り合っていました。いくつかの海外のアクア雑誌やウェブサイトに写真を提供したり、ドイツシクリッド協会や学会にも協力させていただく機会もありました。

来年も引き続き、日本のみならず海外のアクアリストたちに微力ながらも何らかの貢献が出来ればと考えています。

今年はブログの更新が少なくなってしまいましたが、今後も通算1,000回を目指し継続していこうと思います。

それではご覧いただいてる皆様、良い年をお迎えください。


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



2018年12月20日木曜日

ギャップ

Apistogramma sp. segelflossen
A. sp. Segelflossen / sp. Autana

かもね・・・(笑)

Apistogramma sp. segelflossen
初見では、cf.フラベリカウダだと思ったけど、尾びれには模様が有り成長しても消えそうにない。

そもそも全体的なフォルムがcf.フラベリカウダとは違う。

cf.フラベリカウダやリネアタは頭の部分の体高があり尾びれに向かって細くなっていく感じで、個人的にはこの形を"魚雷型フォルム"と呼んでいます。

それに対してこのアピストは、中央の体高があり頭が尖っているので、横から見ると細長い楕円形をしています。この形を私はあの飛行船に似ているので"ツェッペリン型フォルム"と呼んでいます(笑)

体色は、cf.フラベリカウダが全体的に青いのに対し、こちらは黄色っぽくてやや地味な感じを受けます。

全然背びれを広げてくれないので、ちょっと興奮させてみよう!

Apistogramma sp. segelflossen
・・・・・・???

Apistogramma sp. segelflossen
あれ?、撮影する魚を間違えちゃったみたい・・・(^-^;

Apistogramma sp. segelflossen
???

いや、それらしいアピストはコイツしか居ないし・・・。

Apistogramma sp. segelflossen
えっ!?

チ、チミ、さっきのアピストと同一魚物???

Apistogramma sp. segelflossen
えぇぇ~~~?

Apistogramma sp. segelflossen
あ・・・・ぁぁ・・・。

Apistogramma sp. segelflossen
マジかぁ~

オジサン、こういうギャップにと~っても弱いのよね・・・。


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ